毛深さとハゲのメカニズム

毛深いとハゲるのか?という疑問を解決するためには、まずは毛深さとハゲのメカニズムを知らなければなりません。

毛深さもハゲも「男性ホルモン」が関係しているのは間違いないのですが、その関係の仕方には違いがあります。男性ホルモンが多い=ハゲるわけではありません。

毛深さに関係するのはテストステロン

人間の体毛に関係するのは、男性ホルモンに含まれる「テストステロン」という成分です。

一般的にテストステロンの多い人は毛深くなる傾向にあり、男性でも女性でも体内の「男性ホルモン」が多い人は、体のムダ毛が濃くなります。

男性ホルモンの量は生まれつきな部分と、普段の生活環境、食生活に起因する部分があります。

動物性タンパク質(肉類)の多い食事や亜鉛を含む食事などは、毛の発毛に関係があるとされていて、食生活や生活環境を変えることも毛深さに関係します。

ハゲの原因は男性ホルモンだけじゃない!

一方、ハゲの原因は男性ホルモンだけではありません。

男性ホルモンに含まれる「テストステロン」の量も関係していますが、それだけではハゲません。

男性のハゲには、体内に存在する「5αリダクターゼ」という成分が大きく関係します。

5αリダクターゼがテストステロンと結びつくと「ジヒドテストステロン」という成分に変わります。このジヒドテストステロンが男性の髪の毛の発毛を抑えて、髪の毛の成長を阻害します。

この「5αリダクターゼとテストステロンの結びつきやすさ」が生まれながらの遺伝的体質で決まっていて、結びつきやすい人がハゲや薄毛になります。

つまり、男性ホルモンが多くても、5αリダクターゼとテストステロンの結びつきが弱ければハゲないし、逆に5αリダクターゼとテストステロンの結びつきが強いと男性ホルモンが少なくてもハゲや薄毛になります。

体毛が濃くないのにハゲる人は結びつきが強い人ということです。

つまり、男性ホルモンが多くて毛深くても、必ずハゲるわけではありません。

薄毛やハゲに効く育毛剤

近年の育毛剤の効能はかなり進化しています。

生活環境の乱れや年齢による薄毛に効果があるのはもちろん、遺伝的なハゲにも効果がある商品もあります。

育毛剤の効果は

・頭皮の状態を改善して育毛を促す
・頭皮の血行を改善して発毛を促す
・毛乳頭を刺激して発毛と育毛を促す
・5αリダクターゼとテストステロンの結びつきを弱くする

などいろいろな効果があります。

ハゲや薄毛になるときの要因は、頭皮の血行不良による部分が大きいです。

そのため、育毛剤の効力として血行を改善する部分があります。

頭皮の状態を改善させて血行を良くする効果や、血流を良くしたり血管自体を広げて血流を改善する効果もあります。

育毛剤だけではなく、育毛シャンプーや育毛サプリメントも開発されていて、頭皮の内と外から薄毛やハゲをケアします。

育毛剤に使用されている主成分は、ミノキシジルやプロペシアなどが有名ですが、最新の人気は「M-034」という成分です。

ミノキシジルのような副作用がないので、誰でも安心して使うことができるのが特徴です。もちろん発毛効果も育毛効果も抜群。今現在人気の育毛剤はM-034が主成分の商品がほとんどです。
薄毛が治る人気の育毛剤

毛深さとハゲの関係を理解すれば、毛深いからといって悲観することはありません。

体毛が毛深いのもハゲも嫌ですが、今現在の脱毛技術や育毛剤の技術を駆使すれば解決できないことではありません。

自分でもいろいろ試してみて、自分に合う方法を見つけていきましょう。

何もしないでハゲていったり、毛深さで恥ずかしい思いをすることはもったいないことです。

自分で確かめれば体毛も薄くすることはできるし、髪の毛は増やすことができます。